WSL2でPython3の仮想環境を構築してDjangoの開発をする。

WSL2でPython3の仮想環境を構築してDjangoの開発をする。

WSL2へHomebrewをインストールする

今更ながら重い腰を上げてWSL2へHomebrewをインストールした【Zenn】

Windows 10 WSL 2(Linux 用 Windows サブシステム) + LinuxでのPython環境作成手順【Qiita】

パッケージを最新に更新する。

sudo apt update

必要なパッケージをインストールする。

sudo apt-get -y install build-essential curl file git

Homebrewの公式サイトに表示されているインストールスクリプトを実行する。

/bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

ターミナルに表示されたNext stepsのコマンドを実行して、シェルを再起動する。

==> Next steps:
- Run these two commands in your terminal to add Homebrew to your PATH:
    echo 'eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"' >> /home/yasumasa/.profile
    eval "$(/home/linuxbrew/.linuxbrew/bin/brew shellenv)"
- Run `brew help` to get started
- Further documentation:
    https://docs.brew.sh
- Install the Homebrew dependencies if you have sudo access:
    sudo apt-get install build-essential
    See https://docs.brew.sh/linux for more information
- We recommend that you install GCC:
    brew install gcc

brewと打って以下のようなコマンド候補が帰ってくれば成功。

$ brew
Example usage:
  brew search TEXT|/REGEX/
  brew info [FORMULA|CASK...]
  brew install FORMULA|CASK...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA|CASK...]
  brew uninstall FORMULA|CASK...
  brew list [FORMULA|CASK...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA|CASK

Contributing:
  brew create URL [--no-fetch]
  brew edit [FORMULA|CASK...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

venvでPython仮想環境の作成

仮想環境の作成。仮想環境名称は.venvで統一した方がいい。

cd <プロジェクトフォルダ>
python3 -m venv .venv

作成した仮想環境に入る。

# プロジェクトフォルダに移動
cd <プロジェクトフォルダ>
# Python仮想環境切り替え
source .venv/bin/activate
# Pythonのバージョン確認
python --version

プロンプト前に(.venv)が表示されれば成功。

Djangoをインストールする

Python Django入門 (1)【Qiita】

Djangoのバージョンを明記してインストールする。

(.venv)$ pip install django--3.0.2

仮想環境にインストールされたパッケージを確認する。

(.venv)$ pip freeze -l
asgiref==3.4.1
Django==3.0.2
pytz==2021.1
sqlparse==0.4.2

Djangoプロジェクトを作成する。

(.venv)$ django-admin startproject mybook

VSCodeでデバッグ実行できるようにする

Django を VSCode で 開発するまでの手順【Qiita】

mybookディレクトリに移動してVSCodeで開く。

cd mybook
code .

VSCodeにエクステンション(ms-python.python)のインストール。

仮想環境(.venv)のinterpreterを選択。

デバッグにmanage.pyを設定。

DEBUG右の緑色の三角ボタンを押してrunserver。

ブラウザでhttp://127.0.0.1:8000/にアクセスしてロケット発射で成功。

マイグレーション関連のエラーはとりあえず無視していい。

You have 17 unapplied migration(s). Your project may not work properly until you apply the migrations for app(s): admin, auth, contenttypes, sessions.
Run 'python manage.py migrate' to apply them.

Python Django入門 (3)【Qiita】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です